一人目妊娠は大変な物でした。まだ26歳でしたが妊娠に至らず産婦人科へ通っていました。無事妊娠出産。元気な男の子を授かりました。予定日よりも二週間以上早く私と同じ誕生日です。そして二人目は思いのほかすぐに授かることができました。二人目計画を立てた理由は息子にどうしても兄妹を作ってあげたかったからです。そして二人目の出産はとても感動的な物でした。私は妊娠初期からつわりがひどく、切迫と診断されていました。そして早産でした。ですが陣痛が来てから二回目の出産とあってとても落ち着いて行動する事ができました。いきむ際も少し余裕がありました。その為頭が出てくる所からへその緒まではっきりと確認する事ができたのです。そして一人目にはない感動がありました。余裕があったからだと思います。今4ヶ月の娘をあやすまだ2歳の息子の姿がとても愛おしいです。まだカタコトしか話す事はできません。自分が話せる言葉で一生懸命あやしてくれます。息子の成長を日々感じることができとても幸せです。赤ちゃんとは言えない為ベビーど言っています。泣いていると、「ママ、ベビー、えーん」と教えてくれます。そして頭をなでなり、お腹をトントンと優しく叩いたりしてくれます。すっかりお兄ちゃんです。初めは赤ちゃんがえりをして大変でした。いやいや期とも重なり私もストレスを感じていました。イライラしましたし、息子を感情に任せて怒ったりしていました。ですがそれも2ヶ月でおさまりました。今では仲良くしてくれます。本当に兄妹を作って良かったと実感しています。幼いふたりの姿はいずれ忘れてしまうだろう。毎日写真に残しておくようにしていますが、忘れないようしっかりと目に焼き付けておきたいです。私はふたりの子供を授かることができ日々本当に幸せです。女なのにヒゲが生えてきたら?

私が高校2年の時に初めて彼を見つけました。彼を見たとき体中に電流がはしった感じになり一目ぼれをしました。2年生の時に同じクラスになり私はまだ幼かったので彼がいるとはしゃいでいました。友達がそんな私を見て彼のことが好きなんじゃないか聞いてきました。当時の私は素直じゃなかったため違うとうそを言ってしまいました。じゃあ好きな人を教えてと言われ困った私は全然好きでもない男の子の名前を友達に言いました。だって彼は学年1かっこいい人だったからです。私なんか相手にされるわけがないといつも思っていました。友達ともぎくしゃくした関係になりそのまま3年生になりました。彼とはクラスが分かれ隣のクラスになりました。このとき彼の友達と付き合っていた女の子に彼のことが好きと初めて言いました。2,3日してその女の子は私に彼が付き合ってもいいって言ってるよと言ってきました。その時の私は自分に自信がなくて結局告白しませんでした。ある日具合が悪く保健室で寝ていて教室に帰ったら私の席に彼が座っていました。私は保健室で寝ていたため髪の毛がピンとはねていたのを見られたくなかったので更衣室に隠れました。彼は更衣室の前にきました。カギをかけていたため中には入ってこれませんでした。それからも遠くで彼を見つめていました。今思えば告白してくれようとしてたんじゃないかなと思います。彼ともし高校生の時に付き合っていたらまた違う人生を歩んでたんじゃないかと思います。今は彼とじゃなく年上の優しい旦那と暮らしています。今は今で幸せです。今の生活を今は大事にしたいです。でも高校の時の恋愛はいい思い出として胸に秘めていたいと思います。ルメントの炭酸シャンプーは効果高いです。

東日本大震災のあった時、誰もが家族の大切さを痛感した事でしょう。私もその一人でした。
そしてその年の秋、私の病気が発覚しました。
結婚する前から長年勤めた会社をどうするか悩みました。役職などついていないヒラでしたが、自分としては、いごごちが良く、「お母さん」「妻」という役とは違う、「素」の自分でいられる唯一の場所だったからです。何もなければおそらく定年まで勤めていただろうと思います。
しかし、病気にかかっているという事実を突きつけられた時、自分が自分でいることは大事。しかし、妻として、お母さんとしての役割を今までちゃんと果たせていなかったのではないかと思いました。
結婚してすぐに子供に恵まれました。主人は、二人でやっていこうと共働きを続けることを支えてくれました。
当時、主人の仕事は定時で終われる状況でしたので、保育園の送り迎えを率先してこなしてくれ、私が帰る前に子供と風呂に入ったりして、今どきのイクメンの走りでした。
子供は生後2か月から保育園に通い、小学校に入学すると学童保育へ行きました。しかしその頃の学童保育は3年生まで。4年生になったら鍵っ子という決まりがあり、寂しい思いをさせてきました。
そんな思いから、子供が巣立ってしまうまでもう数年しかない。そう思い仕事は辞め、家族を一番に過ごしたいと思ったのです。
子供は社会人になり、夜遅くにしか帰ってきません。
せめて、朝食だけは家族そろって食事するというルールにして、食事をします。
親にとって子供はいくつになっても子供です。仕事が大変だとか、たわいもない話ですが、家族が顔を揃えられるこの時ほど幸せに感じる時はありません。脱毛石鹸の効果を知りたい。

かつて好きだった人は、私を絶対に好きにならないと分かっていたけど始まった恋でした。年上の人だったのですが、私の一方的な愛情表現に対し、相手がたまに返してくれるのが嬉しくてたまらなかったんです。例えるならばその関係はペットと飼い主。対等でなかったのは、その時も気づいていました。だけど、少しでも長く彼といっしょにいられたらそれで良かったんです。いま思えば、馬鹿な女のテンプレートですよね。しかし恋はなんとやら、とにかく彼を追いかけていたかった。デートでうなぎを食べたのを思い出します。学生でバイト代なんてたかが知れているのを相手は全部お見通しでした。お代を払おうとしたら、お店の人が「もういただきましたよ」とそそくさと出て行った彼の方向を目でたどります。それだけで、子供でしたから胸きゅんだったわけです。本気で、好きだったのです。でも、指先に触れても握り返してくれないさみしさに、全てを悟っていました。それでもデートはデートなんだと、強がってみたりして。遠くからやって来た彼を見送るとき、ただひたすらに切なかったのを覚えています。大人になって、彼はけして良い人ではなかったことに気が付きましたが、いい経験だったとは思います。婚活サイトで良いサイトは?

私の養育は時刻計画こそ同じことの繰り返しですが、懺悔懺悔の通常だ。
重荷に軽く甘えん坊な長男は、皆の念願に応えようと頑張り屋でもあります。
でも、頑張りすぎて心中が折れ易いあたりも…
そんな時は、やさしく主張を張るのですがなかなか立ち直れずその様態にイライラ…
通常、最後は我々が怒って更に泣かせてしまっています。
その後、またやってしまったと懺悔。
なんでもやりたがる三男は、お兄ちゃんとおんなじことができると思っています。
でも、我々が慌てている時にやれるまで自分で頑張ろうと講じる三男を待って譲ることができず手を出してしまいます。
後になって三男をダメージつけてしまったと、これまた懺悔だ。
ちっちゃな辺りから一人間娯楽が上手な次男。
私もその様態に甘えて二人間で遊ぶタイミングを増やそうとはしませんでした。
ふとしたケース、「女子と二人間で遊べないと侘しい?」と次男に聞いてみました。
すると次男は「私は、自分で遊ぶ意味できるからセキュリティー。娯楽ながら女子を待っていられるから。」
という応答が返ってきました。
我々はこの時、次男はいつも我々を待ち受けながら一人間で遊んでくれていたんだと気づきました。
思わず次男をぎゅっと抱きしめてしまいました。
各種局面で頑張ってくれている小児たち。
頑張りが足りないのは私の方ですなと思いました。
養育をするためには、同時に自分育ても必要だと痛感した昨今。
もっと器の大きい『度胸母ちゃん』を目指して日毎精進だ。
参照
コンプレックスサプリ『気になる商品を体験し評価しました』